無痛インプラントIMPLANT

痛みが感じにくい状態で受けられる
インプラント治療

インプラント治療は顎の骨にインプラント体を挿入し、人工歯を装着することで歯を補う治療です。顎の骨に直接インプラントを挿入する際にドリルで穴を開けます。治療中は麻酔をするため、痛みはほとんどありませんが、穴を開ける際の音などは聞こえることになります。そのため、人によっては苦手だという方もいらっしゃるでしょう。
そこで防府まさむねデンタルクリニックでは、静脈内鎮静法を用いた無痛インプラント治療も行っています。静脈内鎮静法は鎮静剤を点滴することで、リラックスさせる麻酔方法です。眠ったような状態で治療が受けられるため、治療中にストレスが生じず、気付いたら終わっていることがほとんどです。インプラントを受けたいけれど、治療が不安だという方でも安心して受けられます。

静脈内鎮静法を用いた治療の流れ

鎮静剤の注入

心電図や血圧計を準備し、患者様の身体状態をチェックします。患者様の状態を見ながら鎮静剤の点滴を注入します。

治療開始

鎮静剤が効いたら局所麻酔を行い、通常のインプラント治療を行います。血圧や脈拍をモニタリングしながら進めます。

休憩

治療が終わりましたら患者様にお声がけし、しばらく院内で休んでいただきます。その後ふらつきなどがないことを確認した後にお会計となります。

当院のインプラント治療の特徴

シミュレーションをして行う精密な治療

インプラントは抜歯後すぐに治療を行うのであれば、どこに埋入すれば良いかが分かります。ところが、歯のない場所にインプラント治療を行う場合、人工歯根を埋入する場所や角度を見極めておかなければなりません。これにはCTで顎の構造を検査し、安全な挿入箇所を割り出す必要があります。この治療計画の立案をコンピューターを使って出来たら、より確実な治療が可能となります。
当院ではデジタル・コンピューター・インプラントシステムを用いて、安全なインプラント計画を立て、その下に治療を行います。勘や経験則に頼らない、客観的で根拠のある治療計画が実現できます。

治療後はしっかりアフターフォロー

インプラントはご自分の顎に埋め込んだ人工歯根であり、そこに装着した人工歯は第二の永久歯とも表現されます。そのため、天然歯と同じくケアがとても大事になります。治療をしたインプラントがいつまでも維持できるように、担当歯科医師が予防プログラムを組んでしっかりフォローします。
インプラントはむし歯にはなりませんが、周囲の組織が歯周病原細菌によって炎症を起こすことがあります。これをインプラント周囲炎と言います。インプラント周囲炎は悪化すると、インプラントが脱落することがあります。これではせっかくのインプラントに再治療が必要になってしまいます。そうならないためにメンテナンスを行ってまいりますので、必ず定期検診にお越しください。

Contact お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0835-24-5202 お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

防府まさむねデンタルクリニック
〒747-0823 山口県防府市鐘紡町7−1
TEL 0835-24-5202

 
10:00 - 14:00
15:30 - 19:30

休診日 … 火曜・祝日
▲ … 土曜・日曜の診療は10:00〜18:00