抗菌性根充法ROOT CANAL TREATMENY

破折・むし歯再発しにくい根管治療で
歯を守る

歯の神経にまでむし歯が達し、歯髄炎となれば何もしていなくても強い痛みが起こります。歯髄炎を治療するにはむし歯を除去するだけでなく、菌に侵された神経の除去も必要になります。その治療が根管治療です。根管治療は抜歯を避けるための最終手段でもあります。根管の歯髄を除去し、天然歯の外側だけを残すことができます。しかし、一度行うと歯の強度は格段に弱まってしまいます。
そこで、なるべく歯が弱ってしまわないように行うのが抗菌性根充法です。これを行うことで、歯の破折やむし歯の再発が起こりにくくなり、より天然歯を長持ちさせることができます。

根管治療をすると、なぜ歯は破折しやすくなるの?

根管治療を行うには、まず歯の神経を抜き、殺菌を行います。次に根管にゴムを詰め、補強材を入れて密閉し、歯の土台とかぶせ物をして終了です。この歯髄の徹底的な除去、ゴムや補強材を入れることで、歯はどんどん弱くなってしまいます。それにより、強い咬合などの際に破折しやすくなります。
また、従来の根管治療には、むし歯の再発が起こりやすいという面もあります。ゴムや補強材には抗菌性がないためです。

抗菌性根充法の特徴

抗菌性根充法では、歯髄を徹底的にくりぬくのではなく、適度な除去を行った後に抗菌性のある薬剤で根管を充填します。これにより、歯の強度を守りながら、再発を抑えた根管治療が可能となります。抗菌性根充法の特徴は以下の通りです。

FEATURES

  • 再発がほとんど起こらない
  • 歯を弱くしない
  • 治療が数回で終わる
  • 難症例においても効果が高い

抗菌性根充法を用いた根管治療の流れ

除菌

むし歯に侵された神経を除去し、根管をしっかりと除菌します。このときに殺菌力が高く、非常に浸透性がある特殊な薬剤を使用します。

充填

殺菌成分を放出する充填材で根管を塞ぎます。この充填剤は非常に密閉性が高く、菌が侵入するスペースをなくすことができます。

修復

抗菌性があり、強度も高いセメントで蓋をします。その上にかぶせ物を作製し、装着すれば治療終了です。

Contact お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0835-24-5202 お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

防府まさむねデンタルクリニック
〒747-0823 山口県防府市鐘紡町7−1
TEL 0835-24-5202

 
10:00 - 14:00
15:30 - 19:30

休診日 … 火曜・祝日
▲ … 土曜・日曜の診療は10:00〜18:00