メタルフリーMETAL FREE

金属を除去してアレルゲンのないお口へ

金属アレルギーという症状を耳にする機会は日常生活であまり多くありません。ジュエリーの話題になり、金属アレルギーがあるため装着できない人がいるときに話が及ぶことが多いと思います。金属アレルギーは歯科治療においても問題となります。その理由は、金属アレルギー保持者には歯科金属が使用できないためです。
歯の治療においてアレルギーを起こしうるのは、主に銀歯や部分入れ歯などの補綴物です。アレルギーをお持ちの方には、症状を誘発しにくい素材もありますので、そちらを適応することになります。ここでは金属アレルギーとメタルフリーの修復材についてご説明します。

金属アレルギーって何?

金属アレルギーとは、特定の金属を身に着けるなどすることで起こるアレルギー反応のことです。金属アレルギー保持者の口腔内に特定の歯科金属を適応すると、掌蹠膿疱症や扁平苔癬、皮膚炎といった症状が現れることがあります。これは唾液などによって、詰め物などの金属イオンが溶け出し、体内に吸収されることで起こります。今はアレルギー反応がない方でも、経年や体質の変化によって突然発症することもあります。

銀歯は金属アレルギーを誘発しうる素材

金属アレルギーをお持ちの方は歯科治療の際にすでに歯科医師から伝えられているはずですが、金属アレルギー保持者には銀歯を適応することができません。銀歯は正式には金銀パラジウム合金と言って、様々な金属を含んでいる修復材です。純粋な金や銀、チタンはイオン化傾向が低く、アレルゲンとなりにくいのですが、修復材に含まれるほかの金属によってアレルギーが起こることがあるのです。アレルゲンとなりやすい金属には水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウム、クロムなどがあり、銀歯はこれらの多くを含んでいます。
保険適用により、銀歯を使って安くむし歯治療が受けられますが、そのデメリットもあるということをご理解していただけたでしょうか。

メタルフリーな修復材でアレルギー知らずに

アレルギーは直ちに健康被害を及ぼさないとしても、患者様の生活の質(QOL)を低下させかねません。歯の治療をしても体がかゆくなったり、炎症を起こしたりして不健康になってしまうのでは本末転倒です。歯科治療は歯の健康を取り戻し、体への影響もない治療であるべきだと考えます。
当院では、メタルフリーな素材として、セラミックの修復材も採用しております。セラミックは白くて自然な見た目をしているだけでなく、汚れが付きにくい、歯との隙間ができにくいといったメリットもあります。お口の中で金属イオンが徐々に溶け出すのを望まないのであれば、メタルフリーな修復材をお勧めします。当院で扱うセラミック歯を以下でご紹介します。

当院で採用している
メタルフリーな修復材

セラミック歯は内側と外側を繋ぎ合わせた2層構造となっています。内側と外側で異なる素材を使っているものもあり、それぞれに特徴があります。

オールセラミック

陶材でできた修復物です。白く自然な透明感があります。歯の表面がツルツルしていて、汚れが付きにくいという特徴があります。

ハイブリッドセラミック

レジン(強化プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた修復物です。オールセラミックよりも安価で治療が可能です。

ジルコニア

セラミック歯の中でも特に強度が高い修復物です。内側がジルコニア、外側がセラミックでできています。審美性と強度を併せ持っています。

Contact お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0835-24-5202 お問い合わせ

Access / Schedule アクセス・診療時間

防府まさむねデンタルクリニック
〒747-0823 山口県防府市鐘紡町7−1
TEL 0835-24-5202

 
10:00 - 14:00
15:30 - 19:30

休診日 … 火曜・祝日
▲ … 土曜・日曜の診療は10:00〜18:00